結婚の決意を示す場を設けることは大事

結婚の決意を示す場を設けることは大事

結婚式は永遠の愛を誓い合い、これからの生涯を共にしようと決めた二人が、二人を支え、育ててくれた大勢の人の前でその気持ちや決意を披露する場です。
言葉を変えれば、二人にとって人生のけじめの場でもあるということです。
近年では同棲や内縁、未婚の父母などの非公式な婚姻関係や家族関係が社会的にオープンとなり、市民権を得られたように見受けられます。
しかし、反対にこのようなケースが多くなることによって、何らかのけじめが求められています。
基本的に婚姻関係や家族関係を社会やコミュニティ、会社や家族に対して明確に表示することがけじめです。
社会的な義務を負い、責任を持つことが大事で、二人がけじめをつける儀式が結婚式になります。
新郎新婦が集まってくれた人々とコミュニケーションをとり感謝を伝え、それに伴い祝福される場であり、二人のこれからの人生を始めるための自己表現の場でもあります。
式は挙げなくてもいいという人も多いですが、けじめをつける意味でも検討することも大事です。

実績豊富なサイト制作会社に任せれば安心です

結婚しても不幸せなら添い遂げる必要はない

もしも結婚して、幸せになれなかったら、一生添い遂げる必要なんてありません。
昔の政略結婚やお見合い結婚などが主だった時代には、結婚すれば、墓場まで一緒だと言う概念はあったでしょうが、そんな括りから解放され、自由恋愛、自由結婚が主流になっている現代においては、もしも結婚して幸せを感じない様であれば、即座に離婚して新しい道を選んでも、何の問題もないですし、無理して添い遂げる必要はありません。
とは言え、やっぱり二人の間に子供がいれば、多少は子供の幸せを考慮して、様々な事を考えて行かなければならないのは事実です。
親の性格の不一致は、子供にとっては全く関係のない事です。
実際、仮面夫婦と言う言葉もある位ですから、不仲を隠しつつ、形だけの結婚生活を送っている夫婦も沢山います。
でも、そこに幸せを感じないのであれば、早めにお互い違う道を歩いた方が、精神的にも健全かも知れません。
子供に罪はありませんが、子供も、親のそんな姿を見るのは実はとても辛い物かも知れません。
子供は親以上に色々な事を把握し、客観視している物です。