結婚式は主役をゲストにするのがトレンドに

結婚式は主役をゲストにするのがトレンドに

結婚を決めたカップルが式の段取りを決めていく時に、カップル主役というスタイルから両親や家族をはじめゲストに対して感謝の気持ちをあらわすような、ゲスト主体の式が主流になっています。
披露宴においてもカップルのお披露目がメインではなく、末永い幸せをお祝いしながら、それをゲストともにわかちあうスタイルが主流です。
ウェディング業界全体がこのような傾向にあり、カップルとその家族や近しい人々が全員一体となってみんなでお祝いしようとする、つながりを重視した式が増えています。
以前は両親の参加は、花嫁の父がバージンロードを歩くことが代表格でしたが、二人が歩む前に母親が娘のベールを下すベールダウンを行うことも多くなっています。
もともとベールには邪悪なものから身を守るという意味合いがありますが、母親が自らの手でベールを下すことで、娘が親元を離れることを意味しており、ここで親の役割を終えるということです。
つまり新たな生活がはじまることを連想させてくれます。

滋賀の豊富な新築事例

結婚は焦らなくても絶対に大丈夫

適齢期の御嬢さんたちは、周りがどんどん結婚して行って、パートナーがいない女子なんかは、まるで崖っぷちに立たされた様な危機感すら感じている人もいるかもしれません。
周りは周りで心配して、誰かいい人はいないのか、余計なお世話で心配する人もいます。
でも本当に心配してくれている訳でもありません。
この様な妙な横槍は、結婚してからも、出産、第一子を出産してからも、第二子をと、限りなく続いて行きますから、下手にその言葉を真に受けて落ち込む必要は全然ないです、心配しなくても、焦らなくても絶対に大丈夫です。
むしろ今の時代、焦って結婚相手を見つける必要なんてありません。
一人でも悠々自適に人生を謳歌している人は沢山います。
自分の年齢に囚われて妥協して結婚して、後から性格の不一致で離婚してしまう位なら、少し人より遅くても、この人だと言う人に出会えるまでは、一人で生きても全く問題ないと思います。
こればかりは、自分を信じて運命を信じましょう。